So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

水で痩せる水分補給は食事の順番が大切! 月3日間はデトックス [ホットヨガ]






新しいサイトに自動的にジャンプします。

水で痩せるなんて!水を1日2~3リットル飲む?お食事のときの水は飲んでいいの?水はデトックス効果があるって?太らないの?と、水の印象は、太った姿、「水ぶとり」というイメージがあるみたいですね。そんな水で痩せるのは何故かなどを調べてみました。
スポンサードリンク



食事をしながらの水分は効果的


食事をしていて、最初に何を口に入れた方が後々、胃に負担を掛けずに済むか考えてみました。

食べたものがなるべくスムーズに、酵素系に負担をかけることなく分解処理されるためには、消化に時間がかからないものを先に食べて、時間のかかるものを後にするのが理想と言われます。

食べた順番通りに、胃の中で収縮運動が起こり、層になってこねられていきます。順番を間違ってしまうと、胃の中の交通渋滞が起きてしまうことに。

理想的な食べる順番は、①水・ジュース類、②フルーツ・スムージー・スープ、③野菜類、④豆類・穀物類、⑤魚介類、⑥鶏肉、⑦牛肉・豚肉といった順序で効果的な食事をしましょう。

●●たんぱく質食品の摂取には水分控えめ
以前、「食事中には水分をとるべきではない」といわれました。
それは、野菜やフルーツ、パンのようなデンプン質を食べるときはかまわないのですが、たんぱく質食品を食べる時には、水分摂取には気をつけないといけません。

たんぱく質分解酵素は酸性環境で活性化するので、たんぱく質を消化するためには胃酸が不可欠です。
そのため、先に水分を摂ってしまうと胃酸が薄まり、酵素の働きを邪魔する形になってしまいます。

そうなる、食べたものはより長い時間胃にとどまるか、胃で十分に酵素の働きを受けないまま、腸に流し出されることになります。さらに消化のため、より多くの酵素が膵臓から分泌されなければならず、その分、酵素が無駄づかいされることになってしまいます。

消化酵素の無駄遣いは、酵素力の全身的な低下につながっていくことに。
たんぱく質食品を食べる場合は、食事中および食後2時間程度は水分を控えるといいです。

●●1時間にコップ1杯の水を飲む
「水で痩せる」とは、一瞬だれも素直に認めないでしょう。
水分を摂ると、太ったり、むくんだりすると思ってしまいがちです。

ところが、水は脂肪の燃焼を早めてくれます。
そうです、水で痩せることができるということですね。

からだのなかで発生する老廃物をしっかり体外に排泄し、外部からの有害物質を体外に運び出し、血液をサラサラにしてくれます。
このようにスムーズは代謝を促すために水分をたっぷり摂ることが必要です。

そうすることで、下半身が細くなって、セルライトなどの悩みも消えます。水をしっかり飲むということは、からだのむくみばかりか、体脂肪の蓄積、皮膚や筋肉のたるみ、多くの器官の機能低下、頭痛や筋肉痛の軽減にもつながっていきます。

とは言っても、水分ならなんでもいいのかということではありません。
ミネラルウォーター、または浄水器の水が身体にいいと言われます。

これらの水を1日2リットル飲むようにします。
2リットルも私には無理という人も、まずは、起き抜けに1杯。大きめのグラスに水を入れて、ゆっくり飲みましょう。その後は1時間にコップ1杯の割合で水を飲みます。

●●水分代謝を悪くする添加物、人工甘味料は避ける
加工食品には保存料のほか、多くの添加物が使われています。加工食品自体、とても便利なものですが、体内の酵素システムを消耗させたり、代謝を乱したりしてセルライトの悪化をまねきます。化学合成の添加物が多い加工食品に偏った食生活では下半身デブになってもしかたありません。

人口甘味料もほかの添加物同様、からだの酵素系に負担をかけ、水分の停滞をまねきます。また、脂肪の蓄積にもつながります。

現在の食生活から添加物、人工甘味料を100%シャットアウトは不可能ですが、減らすことは可能です。できるだけ新鮮な野菜、魚、肉などを使って自分で調整するようにしましょう。

次に、水分の関係でアルコールの話(ワイン)をちょっとだけしましょう。

●●アルコールは赤ワイン1杯程度に
アルコール類は、代謝を促進し、ストレス解消にもなります。でも、飲み方をミスってしまうと、逆効果になることがあります。

アルコール類のエネルギーは砂糖の約2倍、そしてアルコール代謝の時にナイアシンというビタミンを大量に消費します。

このビタミンを消費することは、エネルギーづくりをはじめ、さまざまな代謝に問題が発生します。さらに血流にも影響を及ぼしてしまいます。

そこで、そすすめできるのは、赤ワイン1日1杯程度がいいですね。
そしていっしょに、豚肉、チーズ、マグロ、イワシ、そら豆などナイアシンの多いつまみを食べるのが理想的です。
わかめなどの海藻類も組み合わせれば、体外に排出されやすいビタミンやミネラルも補給できます。

ただし、炒め物や揚げ物など油を使ったつまみや糖質をいっしょにとることはご法度ですよ。

●●1ヶ月に3日間はデトックス
いちばん、効果的なデトックスは「絶食」です。
全力で働き続けている各器官を休ませ、体内に蓄積している毒素や老廃物を分解・排泄させて、すべての細胞が効率よく働ける状況にします。

そうは言っても、お仕事などなど、「絶食」は無理という方は、いままでお話してきた「水を2リットル飲む」という、デトックスをおすすめします。

●水で痩せる水分補給は食事の順番が大切! まとめ
水の力は、あらゆる自然の生命体に影響していることがわかります。
『地球は水でできている』とはよく言ったものです。

私たちの身体まで、水でコントロールされていて、体外に熱量を発散するだけの役目ではなく、酵素の働きにまで影響を与えているというから驚きです。








スポンサードリンク


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。