So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

増田寛也かつらでファーストクラス搭乗!身分は東電役員だと!? [芸能]

増田寛也氏がかつらでファーストクラス利用していたのかと疑問視。
激しい選挙戦ですが、増田寛也氏の身辺調査とまではいきませんが、
気になるところに触れてみましょう。
増田寛也氏のかつら疑惑は本当なのか?(くだらなくすみません)
ファーストクラスの搭乗回数はどのくらいなのか?
原子力発電の東京電力の社外取締役って本当なの?

増田寛也氏は一見クリーンなイメージがあります。


スポンサードリンク



増田寛也氏に「かつら疑惑」が急浮上!!
写真でしか見ることができないのですが、結論は「かつらではない」と思われます。
「かつら」を付ける方は、全ての髪が真っ黒なのですが、
増田寛也氏は部分的に白髪があります。

クオリティーの高い「かつら」ではないかという意見もあります。
また、髪の毛が少ない所を補う「部分かつら」という意見も。
選挙カーの演説中に突風が起きないことを祈りましょう。

増田寛也氏の「かつら」の話はこれぐらいにして、
前任都知事の舛添氏のときも噂になった、ファーストクラス愛用問題が増田寛也氏にもあったという事実は本当なのでしょうか。

岩手県知事を3期12年務めた知事時代に、ファーストクラスを年間100日以上も出張で愛用していたことが判明してきました。

さすがに県議が責任を追及し、退職金の返還を求めたのですが、本人は平然と3900万円を手にしているのです。
舛添氏さんと同じことをしている人です。
俗にいうところの税金の意味を履き違えている人の一人ということになります。


スポンサードリンク



さらに、驚くべき事実が発覚しています。実は、原発推進派の東電役員だったのです。
岩手県知事の職にあるころから、東京電力との密接な関係だったといわれています。

東京電力の東電役員を2年以上、2014年6月~告示直前7月8日まで、多額の報酬を受け取っていた事実が明らかにされました。

しかしながら、各個人に渡された金額は不明のままです。
報酬は、社外取締役(東電役員)6人に対して年間6200万円を支払う東電。
増田寛也氏は取締役を選ぶ「指名委員会」の委員長だったので、他の5人の社外取締役とは待遇は違っていたという。(東京電力の広報)

<まとめ>
自民党推薦の増田寛也氏は、ファーストクラスの使用料、東電役員の報酬を明らかにして、身の潔白を晴らしてほしいものです。


スポンサードリンク

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。