So-net無料ブログ作成
検索選択

谷査恵子 イタリア日本大使館の1等書記官に赴任だと!! 籠池夫妻との差? [社会]






新しいサイトに自動的にジャンプします。




安倍晋三首相の妻昭恵夫人付の政府職員だった経済産業省の谷査恵子氏が今月、在イタリア日本大使館の1等書記官に赴任した。学校法人「森友学園」が端を発した人事異動とみられ、経産省内からも「不自然な人事だ」との見方が出ているらしい。菅伸子夫人の場合と比較してみましょう。

●安倍昭恵夫人への世間の目は?


●谷査恵子氏の異動は論功行賞だ!
東大文卒の谷査恵子氏は、1998年に経産省に「準キャリア」として入省。

2013年から15年末までの3年間、「内閣総理大臣夫人付」として昭恵夫人の“秘書役”を務める。

16年からは中小企業庁に異動していました。

今回の谷査恵子氏のイタリア赴任は平たく言えば、責任を押し付けられたことによる恩恵でしょう。

財務省への照会結果を学園の籠池泰典前理事長にファクスで送ったことが谷査恵子氏の単独だったというもの。

菅義偉官房長官は「谷氏個人が作成したもの」とあくまで谷査恵子氏の責任と説明した。

まさに、時代劇でいう、詰め腹を切らされた形ですね。

この現代において、実際に行われている公務員→宮仕えの実態ですね。

安倍政権(安倍昭恵夫人)による公務員の私物化の象徴ですね。

また、このようなイタリア赴任などという筋書きをだれが忖度するのでしょうか?そこの部分が気持ち悪い感覚を覚えます。

忖度のリンク

●菅直人首相夫人・菅伸子さんの場合は?
2010年6月から11年9月まで首相夫人だった菅伸子さん。

「外務省の2名の女性職員が、首相夫人つきとして世話をしてくれることが私にもありました。」

「ただ彼女たちがついてくれたのは、サミットや海外から来賓が夫人を伴っていらした際の食事会など、あくまでも外交に絡む場面だけでした。」

「当然、外務省の国家公務員の世話を受けた案件はすべて“公務”と捉えて行動していました。」

「個人的なことで公務員に同行などを依頼したりしたことはありません。」

「私的な行動に関してはすべて菅直人事務所の秘書が対応してくれました。」


●●安倍昭恵夫人は公人だ!
「国家公務員を自分の秘書と称した時点で、私人ではないと思いますね」

と菅伸子さんは、「首相夫人は公務員を秘書として使ってはいけない」といっています。

何か頼みごとをした場合、『首相夫人からの案件だ』と彼らは、過剰に反応してしまうからだと・・・。

まさに、忖度とはこのことですね。

●●とても無邪気な昭恵夫人?? 
菅伸子元首相夫人はいつも警戒心をもっていたというのだ。

権力者にいちばん近いところにいる存在は自分だと。

だから、常に自分を戒めていたという。

『これを菅総理に伝えて』

というオファーが次から次へと出てきたのは事実。

それらのオファーはすべて菅首相の耳に入れていましたという菅伸子夫人。

さらに実際に行っていた手続きは、どんなによく知っている人からの講演会の依頼も、すべて菅事務所を通してもらっていたという。
 
そこで、今回の安倍昭恵夫人のやり方を聞いて菅伸子さんは皮肉を込めて次のようにコメントしていました。

「私的な行動にも公務員を伴っていたと言われる昭恵夫人は素直で無防備、とても無邪気な方なのでしょうね」と。

●●森友問題は財務局長の責任!!
森友問題についても菅伸子夫人は厳しく責任を追及すべきと。

森友問題については、本当に役所の記録が残っていないのか、当時の財務局長を問いただすべきだと言っていました。

記録を破棄してしまったと言ってうやむやにするとは?

「財務大臣が、責任を取る覚悟で解明すべきです」

と菅伸子夫人の発言はストレートでした。

●谷査恵子 イタリア日本大使館の・・・ まとめ
谷査恵子さんのイタリア赴任は本人の希望?なのでしょうか。

昭恵夫人の「無邪気」な自由奔放さが1人の公務員の人生をこうまで変えてしまうことに、昭恵夫人は何か感じているのでしょうか。


スポンサードリンク

コメント(0)