So-net無料ブログ作成

豊田真由子 現在 病院にいつまでヤバイ!! 示談で終わりにするのですか? [社会]






新しいサイトに自動的にジャンプします。



豊田真由子の罵声は東京都議選にも大きな影響を与えてしまいました。豊田真由子は現在病院で臥しているという。毎日のように流される豊田真由子の音声は人々の眉間にしわを深めるばかりだ。豊田真由子の今後も政治活動が続くのかと思えば・・・示談の話になるのでしょうか?

●豊田真由子議員は未だに病院に措置入院?
豊田真由子はまだ病院で臥せっていることになっています。

どのような病気(措置入院)なのか、私たち国民からはうかがい知るよしもありません。

都合が悪くなると手の届かない病院に入院してしまう。
交通事故にあったわけでも暴行を受けたわけでもありません。

ただ、身から出た錆というもので、精神的に参っているかもしれません。それは説明責任をする必要がありますよ。

ベッドから起きられないほどの病状なのでしょうか。

豊田真由子議員がこのままずっと病院にいても衆議院議員としての給料は支払われるわけです。

いつまでも入院という形は事を済ませようとする自民党(細田派:安倍晋三首相(自民党総裁)の出身派閥である細田派→清和政策研究会)。

たとえ、自民党を離党したからといっても責任が残っていることにはちがいない。

そろそろ、国民に対して誠実な姿を見せる時期がきているように思えます。

●「埼玉4区」選んだ有権者に責任はありません
豊田真由子議員が政治家を志した理由として、
「あまりに稚拙な国家構造で、日本がダメになる」
と語っていた。

表の顔がこの履歴と経歴でだれもがひれ伏すという。

豊田議員は42歳、2児の母。
東大法学部を卒後に厚生労働省に入った。
ハーバード大に留学。
2012年に初当選した「安倍チルドレン」といわれる若手議員。
2014年に再選され、第3次安倍内閣で文科政務官。
東京五輪担当の政務官。


よく国会議員が不祥事を起こすと、こんな国会議員を選んだ国民に責任があると言われます。

いやいや、選んだ人に責任などありません。
その議員を選ぶシステムが出来ていないのにすぐに選んだ人にも責任が・・・と決まり文句がでてきます。

●●政治家と有権者のギャップを埋めたい
今回の都議選で「都民ファーストの会」から当選しまた鈴木邦和さんの意見がおもしろい。
鈴木邦和 都民ファーストで政治のシステムを変える!!
http://koikeyuriko.link/2017/06/09/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E9%82%A6%E5%92%8C-%E9%83%BD%E6%B0%91%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A7%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88/

素人目線からの発想ですが、いまの選挙システムには無理があると感じていたという鈴木邦和さん。

・政治家が任期中に取り組んだ仕事内容
・政策を見る機会がない
・街宣車やポスターから判断できる情報がない
・街頭演説は一方的な話だけ
・議論という場がない

続けて鈴木邦和さんが正直に話してくれました。

「民主主義における一票の価値についてはよく分かっているつもりですが、それでも若い人の感覚では、自分の一票が何のためになるのか、その重みも分からないから投票に行かない」のでは。


●イメージと暴言とのすさまじいギャップ
「エリート」
「ピンクの上等そうなスーツをいつも着こなし、上品で優雅」
「政治家に多い、人を見下した雰囲気がない」
「笑顔を出し惜しみせず、しかも似合っている」

などのイメージと暴言とのギャップが、子どもたちもヒステリックなトークを真似をする現象が起きてしまっていました。

議員としても一社会人としても、前代未聞の恥かしい言動。

ここまで公開されてしまっては、そうやすやすと表に出てくるのは難しいと、察して余りあるところです。

ところが、どんな謝罪会見するのか、またこの期に及んで高速道路だとかの嘘の言い訳は通用しないことを覚悟の上で会見していただくようお願いします。

つまり今現在、この問題について豊田真由子議員は、謝罪会見を開いてこの恥ずかしい状態を収集する責任が議員としてあります。

●豊田真由子議員に学習能力の欠如
豊田真由子議員は完璧主義者で仕事面では優秀だったという。

では、どうして5番目くらいの秘書が逃げた段階で疑問を感じ、自らを省みて変わろうとしなかったのか?

単なる自分のストレスの捌け口としか思っていなかったのでしょう。

豊田真由子議員には、はっきり言って国民の幸福を追求したり、国民が自ら幸福を追求する場を考えることなどできません。

人間性の欠陥は修正できないといわれています。

幼いころからの教育で心の回線が切れてしまっている豊田真由子議員。

いくつになっても、どんな組織のリーダーになっても常に反省をし、毎日の学習能力を磨かなければ、その組織は滅びると言われています。

悲しいことに、組織とは、そのリーダーより上の階層には行くことができないといわれます。

つまり、豊田真由子議員が関係する組織は、豊田真由子議員より上の階層へいくことは出来ないということです。

●豊田真由子議員は示談に持ち込む?
豊田真由子議員は体調不良を理由に入院したままです。

その一方で豊田真由子議員と元秘書の双方が弁護士を立てて示談交渉を含めて協議をしている様子と思われていました。

ところが、捜査関係者への取材で、元秘書の男性が6日、埼玉県警に被害届を提出して受理されたことが分かりました。

いままでの報道が事実となれば、豊田真由子議員には、15年以下の懲役または50万円以下の罰金が科される傷害罪が成立します。

いざ捜査着手となれば、豊田議員が不起訴になるためには被害者との示談成立が不可欠となります。

意地でも豊田真由子議員は示談に持ち込もうとするでしょう。

一般的に傷害事件の示談金は数十万円から100万円程度ですが、豊田真由子議員は被害者の言い値をのむしかなさそうです。

500万円程度の支払いは覚悟するしかないでしょうね。

●豊田真由子 現在 病院にいつまでヤバイ!! まとめ
優秀な豊田真由子議員のことですから、政治家ではなく、もっと他の花を咲かせる場所は、いくらでもあると思われます。

どうか今回の失敗を教訓にして別の花を咲かせてください。




スポンサードリンク

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0