So-net無料ブログ作成
検索選択

松居一代の”尾行”は妄想・幻覚でヤバイ!! 思考障害はいつまで続く? [芸能]






新しいサイトに自動的にジャンプします。



松居一代の”尾行”という記事が<テーマ・真実を語る>でアップされ、巷では「尾行」されているというのは妄想であり、幻覚の表れ?思考障害なのでは?と松居一代の人格までも疑うところまでブログが注目
されている。ではその『尾行』というブログを検証してみましょう。

●”尾行”ブログ記事は統合失調症が原因?
●●<妄想>なのか?明らかに間違っている考えや、誰がみても受け入れることが困難な状況にもかかわらず、強い確信をもってしまっている松居一代のブログ。

松居一代の統合失調症と揶揄される典型的な例としては、
「テレビやラジオで自分のことが話題になっている」
「誰かにずっと監視されている」
「自分の考えが外に漏れている」
「誰かに操られている」
などの症状が松居一代のブログと一致するか「尾行」ブログを検証してみます。

●●次に<幻覚>が出ていないか?
実際には起こっていないことを、現実的な感覚として知覚してしまっていないかという部分。

松居一代にしか聞こえない幻聴といったものです。

実際には存在しないものが見えたりすることもあります(幻視)。

松居一代の「尾行」ブログにも幻聴や幻視と思われるものがあるかも確かめましょう。

●●<思考障害>になっていませんか?
松居一代の志向があまりに混乱してしまい、考え方に一貫性がなくなったブログになっていませんか?

松居一代が何を話しているのかわからなくなっているところはありませんか?

●松居一代の”尾行”のブログ
テキストデータだけで見ると松居一代さんが演出しているところがわかりませんので、ブログの文字の表現をそのまま画像にしてみました。

ここから松居一代の”尾行”の主張を読み取っていきましょう。

●●尾行の真実を語る
ブログ⑴

そこで、日頃から
もしもの時を考えて
事前に、
ブログを作って保存しています
昨日の「 爪切りの話 」は
その、ストックのひとつでした

しかし、ただ今、

ブログ⑵

そんなことで、
爪切り記事になってしまいましたこと

ブログ⑶

ブログ⑷

頭も、お陰様で
脳みそは入っています


まずは、これをご覧ください
電気代の領収証です

ブログ⑸




私の家は
地下1階、地上3階の
4フロワーの構造になっております
ドイツで建築学を学んだ方に
お願いしました

健康面と光熱費のことを考慮して
この、建築方を選びました


そのことから
光熱費が通常よりも
安い金額に押さえられます

たかい!と
お声が上がるかもしれませんが
自慢のつもりはございません
ご理解くださいね


夜、電気を使っていたころの
電気代は、
37956円

しかし、一切、
夜に電気を
使わなくなった
ことで
12897円

約3分の1に
減額しています

急激に電気代が下がったことから
東京電力の方が不審に思われました
そんなことから、
以前は、女性の方がご自分の目で、
メーター検針してくださっておりましたが

急遽、
最新の機械に変わりました


尾行から
逃れている
この
1年5か月
一夜も、電気をつけたことはありません

文明社会に、身をおきながら
夜は真っ暗な家で
生活をしています

これは、すべて
尾行から身を
守る手段です

何ごとも証拠は大切です
よって、
電気代の領収書を
アップさせていただきました


悪は必ず
滅びますね
神様が
許すはずが
ありません



●安藤優子 尾行記事
安藤優子キャスター、松居一代“尾行”ブログに「心配のしかたがむずかしい」
スポーツ報知 7/4(火) 15:37



安藤優子キャスター
 安藤優子キャスター(58)が、MCを務める4日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)に出演し、“尾行”ブログを更新している女優の松居一代(60)を心配した。
 松居は6月27日のブログで「実はもう…1年5ケ月も尾行され続けているの」と明かし連日ブログを更新し、情報番組などで心配されている。
 独自取材の特集としてスタッフが、松居の実母を取材。松居の母は、娘がブログで尾行されているとつづっていることに「親に心配かけないように人一倍気をつける娘です。悪い何やらが尾行していて、命がけで逃げている。かわいそうで、かわいそうでかないません。我慢できないです」と心境を明かし「この頃電話がかからない」と告白。つづけて、松居がブログで報告している「恐ろしいノート」について「娘が拾ったと(一代が)言いました。内容は知らない。詳しいことは言わなかった」と明かした。
 安藤キャスターは「ご高齢のお母様にも連絡がつかないというのが一番心配な部分。身内にはせめて(連絡を)」としつつ、内容が不明瞭なブログに「心配のしかたがむずかしい」と困惑。高橋克実(56)も「警察に届けるとか、そういう方法もあると思います」と提案した。







スポンサードリンク

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。