So-net無料ブログ作成

安倍昭恵夫人 龍村ゆかり(大麻解禁論者)がヤバイ!! 家族会議で離婚? [社会]






新しいサイトに自動的にジャンプします。



安倍昭恵夫人が家族会議で龍村ゆかりとの関係を咎められ、安倍昭恵夫人の”絶叫”が聞こえたという近隣住民から囁きが・・・。この昭恵夫人の経緯と大麻解禁論者といわれる龍村ゆかりさん(映画ガイアシンフォニープロデューサー)とはどんな人物なのかいろいろ調べてみました。

●龍村ゆかりプロフィール
【画像】
1962年生まれ。

1986年に起きたスペースシャトル「チャレンジャー」の爆発事故に衝撃を受け、映像を通じて未来に希望や夢を伝えることを志し、映像制作の道を歩み始める。

テレビ番組のディレクターとしてドキュメンタリーや情報番組を制作、91年より龍村仁演出作品に携わるようになる。

2000年(有)龍村仁事務所設立。

龍村仁の公私にわたるパートナーとして、映画「地球交響曲」第四番(01年)、第五番(04年)、第六番(07年)公開。

映画のほか、スーザン・オズボーンボイスセミナー、チベット砂曼荼羅展などのイベントやCD、ワークショップ等のプロデュースも手がける。一男一女の母。

テレビ番組演出、ドキュメンタリー映画「地球交響曲」プロデューサーを経て、13人のグランマザー国際会議をきっかけに任意団体「いのちの環Motherspirit」を立ち上げる。

より自然とつながる暮らしを求めて、長野の里山に魂のおきどころ「るりこう庵」を構える。

月待ち講講元。共著に「地球のいのり」

●安倍昭恵夫人の軽率な行動が・・・
安倍昭恵夫人は、森永製菓の社長令嬢として育ち、本人が「勉強が大嫌い」と公言するように、地道に学ぶことができない人間と言われる。

高校時代は遊んでばかりで、進学指導の教師からは「大学は無理」と断言されるほどのお嬢様だったそうな。

「それじゃあ結構」とばかりに聖心女子専門学校に進学しました。

電通での腰かけOLを経て、父親の秘書をしていた晋三氏と24歳で結婚することに。

その後、2009年から立教大の大学院に通いましたが、「読んだ本はみんな忘れてしまった」と言うからもう限界を超えています(笑い)。

社会問題などについて、勉強しなかったために、学ぶ知識や能力が付いていっていないといわれてます。

その場、その場の思いつきで気になる人と会って、そしてその雰囲気に流されて行動すると言われる安倍昭恵夫人。

ところが変わった性格の持ち主で「人の役に立ちたい」という思いだけは人並み外れて強く、「なんとなくいい感じ」と思う人たちと後先考えずに軽い気持ちで付き合ってしまうので始末が悪い(笑い)。

●安倍政権の”火薬庫”安倍昭恵夫人
安倍政権発足当時から、「家庭内野党」ですからと余裕なのか意味の解らない発言が続いていた安倍昭恵夫人。

しかしながら現在では、政権を吹き飛ばしかねない“安倍家の火薬庫”となってしまった安倍昭恵・首相夫人だ。

そんなアッキーに森友、加計学園に続く「第3の問題交遊」が浮上していて、安倍家では“緊急家族会議”まで開かれたというからただ事ではない。

●●龍村ゆかり氏とは?
安倍昭恵夫人が、大麻解禁活動に強い関心を寄せていることは知られているが、影響を与えていると官邸が注目しているのが映像プロデューサーの龍村ゆかり氏という人物だ。

非営利団体『いのちの環』を主宰し、昨年、京都で世界の麻農家や専門家などを集めた『第1回世界麻環境フォーラム』が開催された際には、事前トークセッションに出演した。

官邸の安倍側近筋は「官邸は龍村氏を大麻解禁派の“要注意人物”と見ており、昭恵夫人がのめり込んでいることを危ういと心配している」といわれている。

●親族が安倍昭恵夫人を説得!
そんな中、安倍家で“家族会議”が開かれ、親族揃って説得にあたっているのは安倍昭恵夫人と龍村ゆかり氏の絶交ということです。

それは6月11日の日曜日。
この日は政界のゴッドマザーこと(安倍晋三首相の母・岸信介氏の長女)洋子氏の89回目の誕生日でのできごとでした。

1週間後の18日に港区のホテルで関係者を集めた誕生日会が開かれましたが、それより前に家族だけの集まりがありました。

場所は、安倍夫妻と洋子さんが住む私邸に安倍ファミリーが集合。

そこで家族たちが昭恵夫人を説得したのが“大麻解禁を主張するのはやめた方がいい”ということでした。

この説得を素直に安倍昭恵さんが聞き入れなかったため、互いに感情的になり、家族は、

『龍村と縁を切れ』

『携帯電話の連絡先を消去しろ』

『できないなら安倍家から出ていけ』

というところまで罵声にまで広がったという。

そして、さらにその場にいたたまれなくなった昭恵夫人が部屋を飛び出し、大声を上げる始末になったというからどうなることやら・・・。

これまでも安倍家内での“家族会話”については、
「洋子さんが昭恵夫人を叱責した」
「安倍氏が夜遅く帰ってきた夫人に苦言を呈した」
といったエピソードが報じられてきた。

●安倍昭恵夫人 龍村ゆかり(大麻解禁論者)がヤバイ!! まとめ
自分がやりたいことをやれば周囲も幸せになると昭恵夫人は思い込んで行動しているようですが、世の中を知らなさ過ぎと言われても過言ではありません。

そこに思いが至らない点が神様が与えた「無知」という授け物ではと・・・。


スポンサードリンク

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0