So-net無料ブログ作成
検索選択

印象操作とは安倍政権の十八番! 小池百合子都知事怒り心頭!! [社会]






新しいサイトに自動的にジャンプします。



印象操作とは(impression management)。安倍首相が口癖のように国会答弁で繰り返した「印象操作」というキーワード。森友学園問題で安倍首相は「印象操作しないでください。」と被害者装い。一転、小池百合子東京都知事への「印象操作」は明らかだと!

●印象操作とは?
ケースバイケースで「印象操作」を「矛」として世論を創り上げ、またある時は「印象操作」を「盾」として追及を交わす。

安倍政権は、史上最も「印象操作」を駆使している政権かもしれません。しかし、「矛」と「盾」を組み合わせると「矛盾」です。

安倍政権の露骨な印象操作には、国民も気付き始めています。
安倍政権の終焉の始まりかと・・・。

この「印象操作」はテレビや新聞などのマスコミが良くやる手法です。

あたかも自分たちの主張したいことが真実であるかのような映像や画像の印象などを視聴者に与えるという手法です。
つまり、視聴者の印象を操作するのです。

●菅義偉官房長官が印象操作する


●<東京五輪の費用負担問題>安倍官邸印象操作!
小池百合子都知事は安倍首相と会談、東京五輪会場の仮設整備費を都が全額負担することを伝達した。

神奈川、千葉、埼玉の知事3人が官邸を訪問し、安倍首相に嘆願する。そしてそれに安倍首相が動き、小池百合子都知事がいかにも促されて、急いで結論を出した格好になってしまった。

小池百合子都知事と安倍総理の会談はGW前に決まっていて、東京都の全額負担はすでに水面下では合意という流れだったと都幹部は言う。

●印象操作で安倍官邸“五輪謀略”主導権争い
小池百合子都知事の笑顔の裏には「完全にハメられた」というな内心激怒腹の中。

小池百合子知事は11日、官邸で安倍首相と会談し、2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場の仮設整備費を都が全額負担することを伝達した。

この報道がいかにも安倍首相の鶴の一声でなされたかのような印象操作。慌てた小池知事が急転直下で決断したような・・・。
小池百合子都知事は「まったく違う、何か印象操作されたような」と怒り心頭となっているのだ。

詳しい内容は、9日に開かれた関東の9つの自治体トップが集まった会議から始まったのだった。

その席上、小池百合子都知事は五輪費用の関係自治体との分担について、5月末までに結論を出すと表明。

●●総理官邸に3人の知事
会議後、その日のうちに神奈川、千葉、埼玉の知事3人が、官邸を訪問して、菅官房長官に「非常事態だ」「費用負担を早く決めてもらわないと五輪を成功に導けない」と小池百合子都知事を飛び越えて泣きついたのだ。

これに対し、菅長官はその場で総理に取り次ぎ、3知事は総理に説明。早期に結論が出るよう嘆願した。安倍総理は同席していた丸川五輪担当相に『都の案を待つことなく直ちに調整を行ってください』と指示することに。

●会談直前には“官邸主導”演出?
安倍首相の主導で、2日後の11日に小池百合子都知事が急いで結論を出すはめになってしまったという格好になった。

それにしても、好都合というのか、安倍首相の日程が空いていたり、丸川大臣を同席させたり、ちょっと手際がうま過ぎている。小池百合子都知事に近い都幹部は次のように憤慨しています。

約500億円の全額負担も水面下では合意していました。
3月末に結論を出せなかったのは、国側の調整のせいなんです。

昨年12月に五輪組織委が都や自治体、国にも負担を要請し、小池知事は2月の時点で仮設整備費を全額負担する覚悟を決めていたといわれてる。

『国の負担はどうするんですか?』というボールを投げていたのです。

それなのに、3月末までに何も回答してこなかった。
まさにやられたということです。

●●都外会場負担は2月に決まっていた!
たしかに、2月の都議会の施政方針演説で、小池百合子都知事は「都外の会場も含め都が負担する方向で検討」と発言しています。

小池百合子都知事にとっては、多くの報道陣が集まる安倍首相との会談は、7月の都議選を前に華々しく「全額負担」を発表して、リーダーシップをアピールする絶好の機会になるはずだったというのが本音です。

ところが、手柄を安倍首相官邸側に取られた上、“決断できない知事”というレッテルまで貼られてしまった。

この印象操作の黒幕は、菅官房長官に近い黒岩知事と言われている。
おそらく、昨年の都知事選から小池百合子都知事との確執を引きずっている菅官房長官が絵を描いたのでしょう。

都議選まで2カ月を切り、自民党サイドは今後も小池百合子都知事への牽制がはじまった格好です。

●印象操作とは安倍政権の十八番! まとめ
7月の都議選に向けて、権力闘争が始まった。小池百合子都知事にまた自民党は「いじめ」をはじめた。これでまた自民党は負ける。

何度も幾度も同じことを繰り返す自民党に、小池百合子都知事は「シメシメ」と心の中では計算が始まっていることでしょう。

東京都民の女性陣の小池百合子パワーがまた炸裂するでしょうね。




スポンサードリンク

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。