So-net無料ブログ作成
検索選択

5月13日と予言された地震! 場所は九州(福岡の博多)にM7の可能性!?






新しいサイトに自動的にジャンプします。



熊本地区の地震活動は、5月11日震度4を記録、地震活動は継続しています。立命館大学歴史都市防災研究センター所長の高橋学教授によると、5月13日前後に福岡の博多・北九州周辺で大規模な地震が発生する可能性があるという。防ぎようがない地震対策せめて事前情報だけでも。

この5月13日地震に関しては、昨日あたりから報じられていたことだが、立命館大学・高橋教授の予測は、“大地震のクセ”に基づくものとされ、いままでに国内で起きた地震のデータから導き出されたものだという。

その予言ともいうべき予測は、過去にも的中しており、最近でいうと昨年12月28日の茨城県北部地震(M6・3、最大震度6弱)、今年2月19日の千葉県北東部地震(M5・4、最大震度4)も予言的中。

今回も場所や日にちをデーターから割り出して地震予言しているわけだが、高橋教授が予言する地震は本当に5月13日に発生するのだろうか。

願わくは5月13日の地震予言が的中しないでほしいものだ。

●5月13日の地震を予言?
高橋教授の説によれば、巨大地震が起こる際には法則があるのだという。

この法則に基づいて今回の5月13日前後に大地震が発生すると予言した。これは過去の大地震の事例を詳細に分析した“経験則”から導き出したものであるようだ。

●●高橋教授の地震予言の説明の原文①
「大地震は突然起きません。まず、それまで地震がほとんどなかったところでM3~4クラスの地震が数回以上発生します。

それから約60日間の静穏期を経て、M2~4クラスの地震が起きます。するとその半日後から3日後にかけて大規模地震が発生しているんです。

'95年の阪神・淡路大震災、'04年の新潟県中越地震、'11年の東日本大震災、昨年4月の熊本地震と同10月の鳥取県中部地震もすべて、このパターンに合致しています」

●●高橋教授の地震予言の説明の原文②
この法則に当てはまるのが今回の福岡県だといい、博多近辺で地震が集中するのは珍しいと説明してます。

「福岡県では3月13日に県北西沖でM3・5の地震が起きたのをはじめ、同14日には同じ場所でM2・9とM3・0、同19日には西南に約20キロ離れた福岡地方でM2・7、同21日には北に数kmとほぼ同じエリアでM3・1、さらに東に約60km離れた北九州市でもM3・1の地震が発生している。

この北西沖の震源地は福岡県と地続きの志賀島のすぐそばで、博多湾を挟んだ向こう側は博多中心部だ。きわめて内陸部に近いポイントといえる。」

●5月13日の地震の場所は九州や福岡の博多?
高橋教授の法則には、地震が連続して発生して約60日前後の静穏期があるという。連発地震がいったん止まった3月15日から数えてちょうど60日目が、予言日の5月13日にあたる。

高橋教授は3月13~21日に福岡県北西沖で連続発生した地震に注目し、北九州市や福岡・博多などの場所で大規模な地震が起きる可能性があると予言している。

地震の規模は「M5~7以上の大地震がくる可能性が高い」とみているが、高橋教授は、地震の場所・日時よりも規模の予測がいちばん難しいと話す。

福岡県で発生した大地震といえば、2005年3月20日に福岡県西方沖でM7.0、最大震度6弱の地震が発生している。

九州に目を向けると、今年4月29日に鹿児島・大隅半島沖でM5・7の地震が発生。5月4日には熊本地震の震源地に近い場所でM4・1の地震があった。

では、本当に5月13日前後に地震が来るのなら、福岡近辺に住んでいる人はどのような注意をすればよいのか。

まずは「大地震直前のサインを見逃さないことが大切」だと高橋教授は言う。

3月に地震が頻発したエリアとほぼ同じ場所で、13日前後にM2~4クラスの地震が発生すれば、半日~3日後には九州北部や博多周辺で大地震が発生する可能性がある。

そのときは、支柱がほとんどない体育館には逃げ込まず、耐震性が強化された頑丈な建造物に避難することをすすめている。

●5月13日と予言された地震! まとめ
5月13日を前後に半日~3日後に九州北部や博多周辺で大地震が発生する可能性がある。災害準備の前もって心の準備は怠りなく。



スポンサードリンク

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。