So-net無料ブログ作成
検索選択

便秘解消の食べ物 バナナで即効スッキリを叶えましょう [健康]






新しいサイトに自動的にジャンプします。



便秘解消の食べ物はバナナで即効といわれています。産後に便秘で悩む女性。そんな悩みをお聞きして、同じく若槻千夏さんの第2子出産にファンからの寄せられた「お祝いメッセージ」とともに、産後の女性の便秘解消について記事にしてみました。

若槻千夏さんに寄せられた「お祝いメッセージ①」

<27歳主婦・渋谷区>
若槻千夏さん、御出産おめでとうございます。

私も一児の母です。
できれば私も第二子を望んでいます。

その中で若槻千夏さんの第二子御出産のニュースはとても自分の事のように嬉しくなりました。
お腹の中で大切に育てながら、子育てもしながらと出産を迎えて母子ともに無事の御出産はとても素晴らし事だと思います。

家族のサポートもしっかりていたのかなととも思えます。
私も若槻千夏さんの嬉しい出来事にパワーをもらい育児や第二子の子供が出来るように頑張りたいと思います。

出産は本当に体への負担がすごく思っている以上に大きいので、無理はせずにゆっくり休める時は休んで、ご家族に甘えれる事は素直に甘えて自分の身体も大切にして下さい。

子育てはなんだかんだでママなので。
今後の育児休んでお仕事期待しております。

赤ちゃんがこの世に生まれる事は本当に奇跡だと思います。同じ母として宝物のような子供を大切に守り、育てていきましょう。
本当におめでとうございます。

送料無料 出産祝い 名入れ オーガニックコットン ブランケット ベビーケット 名前入り・プルミエ・アップリケ・ベビーケット (出産祝い/女の子/タオルケット/男の子/プレゼント/ベビーケット/オーガニック/ブランケット/ランキング/ギフト/子ども/ケット)

人には言えない産後の便秘に悩む!

妊娠するまで便秘とは無縁の私でした。
毎日2回以上は出ていたので妊娠してから「少し便秘気味になったな」と思っていましたが、1日1回は出ていたのでさほど気にしていませんでした。

産んだ後、「少し便秘になると思います」と看護師さんに言われた時も「まぁ産まれる前もそう言われてたし、私はそんな便秘にならない方だし平気かな」と軽く考えていました。

しかし、産後、出ないのです。
お腹は痛くなって、「出るかも!」とトイレに行っても、まだ縫った所などが痛くてうまく力めないのです。

後少しだ頑張ろうと思ってると、赤ちゃんが泣いてて気になって出せずにトイレを出るということの繰り返しでした。

何度もチャレンジして、産後3日目、ようやく出ました。
普段から便秘の人は大したことないと思うかもしれませんが、普段便秘にならない私にはとても苦しかったです。

出た便も、今まで見たことないような色で驚きました。
1度出てしまえばその後は何日も出ないということはありませんでしたし、楽になりましたが、あの数日間がとても苦しかったのを覚えています。

15.便秘解消の食べ物 バナナで即効スッキリを叶えましょう

バナナがお通じをよくすることは有名であり、便秘対策にみなさんも一度は試されたことがあるかも知れません。
バナナに含まれる豊富な食物繊維は、体によくなじんで排便を促してくれます。しかし、胃もたれを起こしやすい果物ですので、便秘を解消する時は食べ方に注意が必要です。
今回はこのバナナにスポットをあてて、便秘に良く効く食べ方を紹介していきますね。

いつ食べるのがいい?

朝の空腹時に食べるのがいいという考え方もありますが、バナナを単独で食べると空腹だった胃腸を刺激します。胃腸が急に動き出すと全身の血流も急に早くなるため、心臓に負担がかかることがあります。
そこで、バナナを単独で食べる場合にオススメしたいのは食後30~60分後です。
朝なら10時、午後なら4時ごろの1番空腹を感じやすい時間帯を選んでバナナを補給すると、夜食べすぎることも防げて一石二鳥ですよ。

どうやって食べるのが効果的?

バナナはやみくもにたくさん食べても便秘解消にはなりません。1日1~2本程度を長期間続けると、がんこな便秘が和らぐとされています。
そこで簡単な食べ方は直接食べる方法ですが、毎日だと飽きるという場合には、サラダやヨーグルトにトッピングしたり、オートミールと煮込んだりし、朝ごはんとして食べる方法もあります。
何かと合わせてバナナを食べるなら朝が1番効果的です。もし単独で食べる場合はお白湯も一緒に合わせて飲むようにしましょう。
これは、水を多く摂ると満腹感を得やすいということに加えて、バナナの食物繊維とペクチンは、水と一緒に吸収すると便を軟らかくする効果を発揮してくれるからです。

バナナを選ぶコツは?

売れていないバナナは胃腸を収縮させる成分(タンニン酸)が多く、胃液が出にくくなったり、腸の動きが悪くなったりします。そのため、熟れ始めのものを選びましょう。
また産地によっても違いがあります。北の方でとれたバナナは、完熟度を高めるため倉庫に入れて人工的に熟れさせます。この種のバナナは胃腸を収縮させる成分が多く含まれているため、できる限り熱帯地域のバナナを選ぶようにしましょう。

こんなアレンジも!飲み物としてバナナを摂る方法

バナナ酢

(1)バナナは2cmの厚さに切り、耐熱の密封容器に入れます。
(2)そこへ砕いた黒糖ひとかけと、お好きな果実酢200ccを入れて混ぜます。
(3)レンジで500W30~40秒程度加熱して黒糖を溶かします。
(4)冷まして冷蔵庫で1日置いたら完成です。
食事前にスプーン1杯、1日スプーン3杯が目安になります。胃の弱い人は食事が終わった10分後をおすすめします。また、飲みにくいという場合は、湯冷ましで薄めて飲んでも大丈夫です。

バナナとりんごのジュース

(1)バナナは小さめの角切りにします。
(2)湯冷まし250ccと一緒にミキサーにかけます。
(3)お好みで砂糖を加えて出来上がりです。

美味しくて口当たりの良いバナナは、アレンジ方法も多く毎日続けられますので、過去にバナナで効果がなかったという方も、改めて参考にしてみてくださいね。




スポンサードリンク

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0