So-net無料ブログ作成

根津甚八 今現在まで病との闘いに唖然!! 嫁の献身的愛情に守られて!! [芸能]





このページは新しいサイトに移転しました。
新しいサイトに自動的にジャンプします。




根津甚八の今現在を語るには一抹の寂しさがあります。元俳優であり晩年は演出、脚本家などを手がけていたという根津甚八さん。そんな根津甚八さんとお嫁さんにスポットを当ててみました。

●根津甚八のプロフィール
山梨県都留市に歯科医師の家の三男として生まれる。
生年月日 1947年12月1日
身長    172cm
血液型   B型
職業    演出家、脚本家
活動期間 1969年~2010年 俳優
晩年    演出、脚本

1969年、唐十郎が主宰する状況劇場に入団。そこで唐十郎さんが真田十勇士から名前を取って命名したとされています。猿飛佐助、霧隠才蔵、三好清海入道、三好伊左入道、穴山小助、由利鎌之助、筧十蔵、海野六郎、根津甚八、望月六郎の10人。


1978年には、NHKの『黄金の日日』に石川五右衛門役で登場します。当時の関係者の話によると、この『黄金の日日』で根津甚八の役者人生が決まったようなものだと話してくれました。今ではずいぶん少なくなった眼光鋭くとてもインパクトの強い俳優の登場に『黄金の日日』は人気番組になっていきます。



また、黒澤明監督作品にも主要な役で出演してここでも人気を獲得しています。現在でも活躍されている水谷豊さん似のフェイスで、無口な演技が多かったようですね。現在の俳優さんで言えば、山田孝之さんに根津甚八さんを覚えますね。
『黒柳徹子の部屋』に出演されていたとき、根津甚八さんは「役者さんには二つのタイプが・・・」「一つは子供のころから目立ちたがりで学校などで先生が授業に遅れると、その間、前で面白くしゃべるタイプ」「もう一つは、しゃべるということが苦手なタイプ」と話、今現在でも自分は後者のタイプだと黒柳徹子さんを困らせていました。

そのような根津甚八さんでしたが、なんとなく2002年頃から身辺に不幸が漂い始めます。右目下直筋肥大という顔面の病気を患い活動を縮小してきます。そして2004年7月に交通事故を起こし、被害者を死亡させることに。
2006年から根津甚八のブログを立ち上げますが、最後の更新が2008年2月ですので、8年前にブログは途絶えて還暦を迎えた心境を綴るとともに「このブログも一旦お休みさせてください」と記されていて、その後の更新は止まってしまいました。

2009年には、嫁の仁香さんより「うつ病」を患っていることが明らかにされ、持病の椎間板ヘルニアも悪化し療養生活を送ることとなります。
そして翌年の2010年9月に根津甚八さんは俳優業を引退することを公表します。
その後は演出家や脚本家としての活動しますが、現在までも表舞台に立つことはありませんでした。


それでも2015年に、根津甚八さんの俳優としての実力を知る石井隆監督の要請により、映画『GONIN サーガ』に出演し、一度限りの銀幕復帰を果たしました。


このとき同映画の主演、東出昌大さんは根津甚八さんについて
「こみあげるものがありました。プレッシャーでなく、襷(たすき)だと思ってこの映画を引き継げれば」と語り、続けて「一度きりの復帰というのはいささか残念ですが、根津甚八さんのファンであるならそれでも再びスクリーンの前に立つ根津甚八さんを記憶に焼き付けに映画館へ足を運ぶでしょう」。

今では映画『GONIN サーガ』の映像からは以前の『黄金の日々』の影もないほどの変貌にやはりあの重病説は大変だったということが推測できました。

●根津甚八を今現在まで支えた嫁とは
根津甚八さんを支えたのは嫁の仁香さん。
根津甚八さんが今現在まで仕事をする事が出来、生きてこられたのは仁香さんの献身的な助け(愛)があったからだといわれています。
次々と病に襲われる根津甚八さんの苦しい闘病生活の看病に疲れ「なぜこの人と結婚したのだろう」と苦悩し葛藤したこともあったといいます。それでも闘病生活を過ごす中で根津甚八さんのことを「今でも愛しています」と語り、その愛の深さに驚かされました。

根津甚八さんの嫁、根津仁香(ねずじんか)さんに関する情報です。
CSやケーブルテレビで放送されている通信販売の専門チャンネルQVCで
「ジンカネズ」というブランド名でジュエリーをプロデュースしているのが「根津仁香」さん。そうです、根津甚八さんの奥様です。
ちなみに根津甚八さんとは15歳年下という仁香さん。


根津甚八の嫁として、著者『根津甚八』(発行:講談社)を執筆、出版。


武蔵野美術大学で空間演出デザインを学んだ後、海外アパレルブランドに就職し、広報を担当。
その後、フリーランスのブライダルコーディネーター。
また、カラーコーディネーターの仕事や、住宅、ホテル、レストラン、ショップなどのコーディネート、モデルルームプロデューサーとして、大手マンションのインテリアをプロデュースをする。
2010年、パーソナルセレクトブランド「Jinka Nezu」を立ち上げ、アクセサリープロデューサーとしても活動を開始する。現在では一般社団法人、日本プロポーション協会理事。

●根津甚八 今現在まで病との闘いに唖然!! まとめ

根津甚八さんはバイク好きでも知られていました。ヤマハRZ250、ホンダCM400、ヤマハDT50などバイク好きな私としては共感するものがありました。2016年12月29日、東京都内の病院で肺炎のため逝去。ご冥福を祈ります。


スポンサードリンク

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0