So-net無料ブログ作成
検索選択

黒田博樹 嫁と子供はアメリカ残留!! 癌研究に多額の寄付はなぜ?? [スポーツ]

『男気』黒田博樹投手が2016年で野球人生に幕を降ろすことを決意した。
黒田博樹投手の嫁や子供はアメリカで?
そして癌研究に多額の寄付をする「わけ」を調べてみました。


スポンサードリンク



黒田博樹 嫁と子供はアメリカ残留!! 父の他界

父・黒田一博 1924年9月長崎県生まれ(享年82歳)。
黒田博樹投手の父親もかつてプロ野球で野手として活躍していたという。

社会人野球の強豪である八幡製鐵所を経て、1949年に南海ホークス(現在のソフトバンク)
に入団。その後、高橋ユニオンズ、大映スターズに移り、1956年まで活躍しました。

引退後、父親・一博さんは大阪市で、「黒田スポーツ」というスポーツ用品店を開店し、
それと同時にボーイズリーグ「オール住之江」を設立して監督で指導にあたります。
そして「オール住之江」から羽ばたいた選手が黒田博樹投手、
川井貴志選手田上秀則選手です。

プロ野球選手として、そして指導者としても素晴らしかった父・一博さんでしたが、晩年、肺ガンに侵されました。父の闘病を支えるため、メジャー挑戦を1年先延ばしにしての看病でした。

そして黒田家の全てを託されたのが2007年8月17日、帰らぬ人となりました。
82年の野球人生だったという。


スポンサードリンク



黒田博樹 嫁と子供はアメリカ残留!! 母の他界

母・黒田靖子さんは、公立高校の体育教師をつとめ、1964年の東京オリンピックでは
砲丸投げの代表候補です。
小離れ、親離れを強く求める母親だったようです。
大学進学のときなどは、関西の近郊で実家から通うというイメージだった黒田博樹投手。

「頼むから家から出てってくれ!!」

困難に立ち向かえ、自分の道を切り開け!というメッセージでした。
この大きな母親愛情の後ろ盾を2002年に『癌』で亡くしてしまいます。
両親を『癌』で失った黒田博樹投手は、癌の研究や啓発を行う活動に、
両親への感謝の気持ちに報いるように多額の寄付をしています。


黒田博樹 嫁と子供はアメリカ残留!! 嫁と子供

2001年に結婚。お嫁さんは黒田雅代(42歳)さん。
雅代さんは、さっぱりとして気丈な性格の持ち主。

「やるだけやってダメだったら広島に帰ろう!」

遠い異国の地で戦っているのは、嫁も子供も頑張っているんだと気づきます・・・。
黒田博樹投手には、2人の娘がいます。
今は子供学校のこともあり、嫁と子供はアメリカです。

黒田博樹 嫁と子供はアメリカ残留!! まとめ

黒田博樹投手のご両親の教育方法は少なからず嫁や子供に受け継がれているでしょう。



<関連記事>
耐雪梅花麗の読み方意味がヤバい!?広島黒田博樹投手座右の銘だと!?
有馬三恵子 カープ応援歌作詞がヤバイ!! 出身地が防府に愛着!?
緒方かな子 長女が自宅で「Replay」モデル姿に唖然!! 娘の大学はガセ??


スポンサードリンク

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0